デスノートLNWのストーリーネタバレは?感想やその他の登場人物は?

公開日: : ドラマ

どうも皆さんこんにちは。

DEATH NOTE Light up the NEW world(デスノートLNW」が地上波で初めて放送されるということで注目が集まっています。

漫画のデスノートは読んでいるけれども、映画版を観たことはないという方も結構いらっしゃるようで、この機会に観てみようとしている方も多いようですね。

今回はこのデスノートLNWの色々を掘り下げて書いていこうと思いますので、最後までお付き合い頂けると嬉しい限りです。

SPONSERED LINK

デスノートLNWのストーリーネタバレは?


引用元:シアター☆スタア座

デスノートLNWは、原作でそうであったようにライトとLの二人が戦った年から10年が経過した時期が舞台となっています。

今作の主人公は、警視庁デスノート対策本部の三島、Lの後継者である竜崎、そして吉良の信奉者である紫苑がメインのキャラクターを務めます。

なぜまたデスノートが世界に広がったかというのは、死神が以前より増して合計で6冊のデスノートを人間界に再び散布したからという、なんともまぁ死神の気まぐれと言うか、遊び心から人間界が再びハチャメチャにされてしまう訳ですw

ここからはネタバレなので読みたくない方は読み飛ばして頂きたいのですが、物語の結末としては、キラの信奉者である紫苑が警察の特殊部隊にやられてしまい、Lの後継者である竜崎はデスノートに自分の名前を書き込んでいたことによって亡くなってしまいます。

警察である三島はデスノートに触ってキラであった記憶が復活しますが、竜崎と仲直りして亡くなった竜崎の後継者としてLになる、というところで物語は終焉を迎えます。

SPONSERED LINK






デスノートLNWの感想やその他の登場人物など


引用元:シネマトゥデイ

原作を読んでいる方であれば、以前の内容を引き継いだ物語と言うことでより深く楽しむことが出来るでしょう。

逆に、原作を知らないというかは少し楽しめるポイントが減るかもしれません。

もちろん、それでも十分に楽しめる映画ですので安心してくださいね。

また、演者の方の演技レベルも高いと評判で、その演技力に色々な感情を楽しむことが出来ることでしょう。

ただ、一つだけいちゃもんを付けるとすれば、今作の脚本の内容でしょうか。

演者の知名度や実力、そして原作の面白さに助けられていると言っても言い過ぎではないかもしれません。

もちろん、厳しい見方をすればと言う事なので、面白くないと言っているわけではありませんよ。

主役の三人以外にも、原作から引き続いて本作にも出演しているキャラクターがいます。

それは、ミサミサ、警官の松田です。

しかし、悲しいことに二人ともデスノートに名前が載ったことで亡くなってしまうのですが汗

SPONSERED LINK






デスノートLNWのネット上の皆の声は?

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事

「嘘の戦争」2月28日放送分(第8話)あらすじと感想。最終回予想も

30年前に、あたかも一家心中に見えるように家族を残酷にも殺害されてしまった浩一(草彅剛)。

記事を読む

no image

「突然ですが、明日結婚します」2月27日放送分(第6話)感想

何故か、毎週観てしまうドラマ「突然ですが、明日結婚します」。 今週もなんだかんだで観てしまいま

記事を読む

「週休4日でお願いします」のあらすじネタバレは?キャストや放送開始日は?

先日開催された、第42回創作テレビドラマ大賞の授賞式。 創作テレビドラマ大賞は、「フジテレビヤ

記事を読む

   
盛岡製パン狛江店の住所や駐車場情報は?メニューは?

盛岡のソウルフードとして地元民から寵愛(ちょうあい)を受けているコッペ

クロニックタコスはどこに出店するの?メニューの名前や画像は?

アメリカはカリフォルニア州発祥で、世界中で50店舗展開している「CHR

ゾゾスーツはどこで予約購入が出来るのか?方法は?狙いや目的は?

日本最大のファッションECサイトである「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)

フェアリーテールのメッセージアートは渋谷駅のどこ?地図は?画像や次の場所は?

週刊少年マガジンに長期にわたって連載され、先日コミック最終巻が発売され

箱根ビール感謝祭の会場までの二子玉川駅からのアクセスや駐車場情報は?

ビール好きが発狂してしまいそうなニュースが入ってきましたw 来る

→もっと見る

  • 当サイトに掲載している画像および動画の著作権は各権利所有者に帰属します。肖像権・著作権・知的所有権等を侵害する目的はありません。肖像権・著作権侵害等がある場合、コメントにてお知らせ願います。
  • 「とろサーモン コント 漫才 傑作選 まとめ 2017」


PAGE TOP ↑